【ハプロ骨髄移植】免疫抑制剤(プレドニン他)について

○免疫抑制剤編○

私は骨髄移植を行いました。

僕の病気の経過
僕について 2014年に慢性骨髄単球性白血病と診断されました。 現在31歳です。 闘病生活を送り、二年間休職したのち、復職しま...

移植後、GVHDを抑えるために免疫抑制剤を飲み始めました。

今までに3種類使いました。

それらの免疫抑制剤を紹介したいと思います。

主観によるものなので誤った内容が含まれている可能性があります。

スポンサーリンク
慢性骨髄単球性白血病PC1大

免疫抑制剤の種類

ミコフェノール酸モフェチル(MMF)

概説

体の免疫をおさえる薬。臓器移植後の拒絶反応の予防やループス腎炎の治療に用いる。

私の使用目的

骨髄移植後の免疫抑制。

副作用

移植後白血球と血小板の回復が遅かったためMMFの骨髄抑制が疑われた。

しかし、その後MMFを服用しなくなっても数値が大幅に上昇することはなかったので骨髄抑制の影響は少なかったのではないかと思う。

コメント

移植後一か月頃から一週間で1錠ずつ減らして(8錠/日から)いったが特にGVHDが強くなった気はしなかった。

放射線治療により粘膜がただれていたため飲むのがつらかった。(医師から錠剤しかないと言われた )

プログラフ

概説

体の免疫をおさえる薬。

臓器移植後の拒絶反応の予防や、免疫系の病気の治療に用いる。

私の使用目的

免疫抑制(移植直後~移植3か月後、移植1年後~)。

副作用

手の震え、ほてり。

手の震えは服用する量に比例して大きくなる気がする。

飲まない期間は手の震えはなかったが、0.8mg/日を再び飲み始めてから手の震えも再開した。

ほてりというか熱っぽさも量によると思う。

量が多いときは若干熱っぽくボーとした感じがしていた気がするが、量が少ないと特にその感覚はなくなった。

コメント

プレドニゾロンの方が効果があったらしく、一時中断。

しかしステロイド(プレドニゾロン)の影響で骨がもろくなる等問題がでてきたため、プログラフに切り替えていくために再開。

肝機能が悪化していたため血中濃度が高くなりやすくなかなか切り替えがうまくいっていない。

現在0.8mg/日服用しているが効果がでているのか不明。

プレドニゾロン

概説

炎症やアレルギーをおさえる薬。

私の使用目的

免疫抑制。(移植3か月後~)

副作用

脂肪の異常沈着、食欲増進、骨粗鬆症、糖尿病。

コメント

移植後から長い間大量に投与・服用してきた。

減量して血液の数値が一気に下がったこともあったのでなかなか減らせない。

だいたい、1~2か月で2.5mg/日ずつ減らいしている。

1錠5mgなので2.5mg/日を減らすということは一日おきに1錠減らすことになる。

減らした後は白血球・血小板・肝機能の数値が悪化していないか注意を払っている。

免疫抑制剤・解熱剤・肺炎の徴候があるとき等これまで大量に使ってきた。

その影響で骨がもろくなっているらしい。

社会復帰を考えた場合骨粗鬆症は死活問題。

日常生活のちょっとしたことで背骨の圧迫骨折等発生する。(一応フォサマックは飲んでる)

筋肉がつきにくい・もどりにくのもこの薬の影響だと言われている。

そのため、プログラフへ切り替えたいが血中濃度の関係でなかなかうまくいかない。

免疫抑制剤の減量について

医師に免疫抑制剤は量が多ければ抗がん剤と変わらないと言われた。

確かに強い薬だと思うがどれが免疫抑制剤の副作用でどれが病気によるものなのかGVHDによるものなのか私を含めたぶん医師もよくわからないと思う。

確かに副作用・再発のリスクがあがるなど早く減らしたいと気持ちが焦ってしまうことが多い。(これ私です)

先生に早く薬の量を減らしましょうと懇願したりする人もいるかもしれない。(私です!)

でも焦らずに。

免疫抑制剤を減らしたからといってその症状がよくなるとは限らないし、絶対に再発しないわけではない。

だから医師のいうことを聞いて慎重に薬を減らしていこう。

(ほとんど自分に言い聞かせている感じになってしまった 笑)

【ハプロ移植】GVHDについて
医師がGVHDが原因であろうという私に起こった症状について記載していきます。 因みに私は母親をドナーとする半合致のハプロ移植を行ってお...