【骨髄移植】喉・食道の痛みと治る時期&おすすめの飲み物・食べ物

骨髄移植の前治療では強い抗がん剤や放射線を大量に照射するため、移植後粘膜がただれます。

痛みの出始める時期と治る時期。

そして、その時におすすめの飲み物・食べ物を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
慢性骨髄単球性白血病PC1大

骨髄移植と喉等の痛み

個人差はあると思いますが私は移植(ハプロ移植)後、10日目に食べ物・飲み物を飲み込んだとき喉や胸に痛みが出始めました。

(移植後7日目の朝までご飯を食べていました。)

食べ物や飲み物を飲み込む場合、喉を通過するとき一度痛み、そこから押し込んで2度目の痛みがくるような状況でした。

食べ物は無理して食べる必要はありません。

点滴で栄養は補給できています。

唾は看護師さんに容器を用意してもらい、そちらに出しましょう。

痛みが回復する時期

私の場合は移植後約3週間程で痛みがなくなっていきました。(医師によると若干遅め)

白血球の数値が0から0.1になるちょっと前ぐらいから痛みが和らいでいきました。

回復傾向になると痛みがなくなるまで2~4日と短かったように記憶しています。

おすすめの飲み物

水分は点滴で補給していますが、それだけでは喉が渇きます。

飲み込まずに口の中に入れても喉は潤いません。

そんな痛みのある状況で、OS1やくだものジュース・野菜ジュース・あえて炭酸ジュースと色々試しましたが、喉が痛い時にはどれもしっくりきませんでした。(炭酸ジュースは特にオススメしません笑)

最終的にたどり着いたのは小さい紙コップでアクエリアスと水をちょっとずつ交互に飲むという方法でした。

この方法が喉や食道が痛い中で一番苦痛が少なく満足感の得られる水分補給でした。

ポカリスエットだと甘すぎて、ただの水だと味気なさすぎ飲みずらいと感じました。

また、アクエリアスだけでも甘すぎると感じました。

おすすめの食事

食事は基本的に白血球が回復し始めて痛みが引いてからです。

アイスやゼリー、ウィーダーインゼリーなど食べ初めにはおすすめです。

そのあと、温かいものが食べたくなったらコーンポタージュがおすすめです。(インスタント)食欲がなくとも食べやすくドロドロしているのでおなかにたまり、満足感が得られます。

病院食が食べられるようになったらこちら→【飽きた?まずい!?】病院食を美味しく食べる一工夫

まとめ

骨髄移植後は粘膜がただれ、飲食がつらくなります。

点滴で栄養が十分取れているので無理して食事をとる必要はありません。

喉や食道が痛い状況ではアクエリアスと水を少しずつ飲む方法がオススメです。

スポンサーリンク
慢性骨髄単球性白血病PC1大
慢性骨髄単球性白血病PC1大

シェアする

フォローする